>

レストラン&コミュニティ「Iomante(イオマンテ)」

シェフの気まぐれレシピin釧路

桜と、シャンパンと、『アリとキリギリス』

  • 2018.5.13
  • うんちく・小ネタ

昨日、釧路気象台の桜標本木が開花し、ようやく釧路にも春が到来。

長かったですね『冬』

長い冬と言えば、だいぶまえに息子の小学校の学芸会見学に行ったら、『アリとキリギリス』の演目があったんです。冬にキリギリス死んじゃうあの童話です。

 

僕の知ってるストーリーはたしか、、、

『アリとキリギリスが居ました。温かい季節、キリギリスは毎日歌ったりしながら楽しく過ごしていました。一方のアリはせっせと働いて、食料を備蓄してました。寒い冬がきて、遊んでばかりいたキリギリスは食糧難で死んじゃいました。一生懸命働いてたアリは賢くて、偉いね。』

みたいな感じだったと記憶しています。

 

僕は、ただでさえ「昔の金持ちが奴隷たちを言いくるめるかのように作ったかのような話だなぁ~(笑」と、そんな印象でしたが、

 

今って、ちょっとストーリー違うんですね。知ってました? うちの息子の学校だけかな?

 

寒い冬が来たとこらへんから変わってて、
『アリは寒さに苦しんでるキリギリスに、助けの手を差し伸べ備蓄を分け与えます。キリギリスは「ありがとうアリさん!次から私たちも頑張って働きます。」と心を入れ替えました。知的で優しいアリさんと改心したキリギリス。』てな感じになって、最後子どもたちみんな輪になって踊るみたいな(笑

 

もう、無茶苦茶だww

突っ込みどころ満載だった。でも、これが学校教育なんだなぁ~、、、、と

 

100歩譲って、原ストーリー変えるなら、もうちょっと子供に役に立つように変えてほしい。。。

 

“教育”なんだから、
キリギリスにはキリギリスのやり方で、冬越えさせろよ。
備蓄が無くても、急に冬が来たら食料作る方法とか、いっそのこと冬来ない土地に移動するとか、

『そのための勉強が必要なんだ。』って教えてほしいな。

 

大人になったら、春・夏・秋・冬って順番に来ないから。どんなに計画立てて備蓄したって、春、夏、冬、冬、冬、って想定外は起こるから、備蓄より創造やろ!! いまのままだと、アリもキリギリスも全滅するぞい(笑

 

===

 

あ、話がそれました、(失礼)

『桜』

開花記念して、シャンパンフェア始めます。

桜が散るまでの数日間。どうぞお楽しみください。

桜・シャンパンフェア 30年(L版)_01

投稿日 / 2018年5月13日 16:21:45

0154-65-1802