>

レストラン&コミュニティ「Iomante(イオマンテ)」

ja 日本語
X

シェフの気まぐれレシピin釧路

SL機関車のように、、、

  • 2017.2.3
  • うんちく・小ネタ

2月になりました。

シェフの舟崎です。

お店は「今世紀最大の人手不足」から、なんとか回避してようやく落ち着いてきました。

(まだまだ、若さゆえコミュニケーションに不慣れな新人もおりますが、全員みな真剣にお客様のお食事の時間が、快適なものとなるように取り組んでおりますので、どうぞお気軽にお声掛けください。)

やっぱり商売は「ヒト・モノ・カネ」というのは本当です。

その中でも、「お金」は自分が頑張れば何とかなり、「モノ」は当地は素晴らしい素材に溢れている。

でも「人」だけは、本当にどうにもならなかったですね。

1年ほどたった今だから言えますが、あともう少しで店閉めてました。

『人手不足倒産』寸前でした。あぶないあぶない(笑)

 

DSC_0129本当にスタッフは大事にしようと思う今日この頃です。

 

煙を出しながら、必死に客車を引っ張るこの機関車のように、自分も頑張ります(笑

 

現在運行中のこの、SL冬の湿原号

こちらの「乗車証明書」も、当店の飲食代割引キャンペーン『したっけ 釧路、いこう』でご利用いただけます。

観光のお客様も、地元のお客様も、ご利用の際は下記にてキャンペーン詳細をご確認ください。

%ef%bd%8a%ef%bd%92%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%b3_01

 

 

投稿日 / 2017年2月3日 16:11:11

釧路の若者たちはどこでデートをするのか?

  • 2016.12.14
  • うんちく・小ネタ

DSC_1386

先日、ホールスタッフの大学生の子と、「彼氏とデートはどこに行くのか?」という話題に。

『そうですね~、釧路町のイオンにいくことがほとんどですね。どこかいいところありませんか?』

 

彼女は19歳。彼氏も同じ年かな。

 

そういえば自分はどうだったろう?昔を思いだす。

 

======

 

自分は釧路市内の高校を卒業後、調理師の学校のため札幌に。
彼女と同じ19歳のころは札幌にいた。ホテルでバイトをして、念願のマイカーを手に入れたのもこの年。(日産のシルビアっていう車。懐かしい(笑))

なので、女の子と遊ぶ時は、車で、市内色々なところに行ったり、夏はドリームビーチや冬の小樽運河など、基本ドライブだったな。

それ以前に、さすがに札幌、いっぱい遊ぶところはあった気がする。

 

釧路に就職が決まり、戻ってきた、20代前半。

 

変わらず、車好きだったので、デートはドライブ兼旅行が多かった。阿寒湖、屈斜路湖、摩周湖は鉄板。地方のカフェめぐりなんかもしてたな。

 

20代後半、

依然、車好き(笑

妻と知り合ったのも、この頃。日帰りで富良野に行ったり、冬は毎週のように、道内いろんなゲレンデにスノーボードしにいったり。

 

そう、デートのアイテムに、車があったんだよね。

なので、今の子達とはちょっと、違うかな。

 

=======

 

前出の彼女達、2人とも、釧路市外出身。(なので寮暮らし)

バイトもしていたりするが、何十万も稼いでいるわけではないので、お金は無い。

2人とも車なし。

 

 

『釧路だと、デートはどこに行ったらいいですか?』

彼女のこの質問に、ぼくがだしたアイディアは、

・博物館

・湿原展望台

・冬は、SL湿原号

 

に、とどまってしまった。

でも、これらも、はしごするには車が必要だ。

しかも、現実的に彼らが、その場所に行こうとすると、なんだかんだ金銭は膨らむ。

 

僕らの世代の感覚(たとえば車があるのが普通というコト)で、若い彼女達に、「くしろの魅力」を伝えようとしても、彼女達の感覚では、体験が困難だ。

 

 

【釧路市に若者が定着しない】という問題が、先般とりだたされているが、こんな「デートスポット」ひとつとってみても、本人たちには不便でならない。

 

本気で「若者たちにとって魅力ある街」を目指すなら、もうすこし本人たちの目線にならなきゃなと、思いますね。

 

 

 

さあ、みなさんなら、

彼女達に、どこをお勧めしますか?

投稿日 / 2016年12月14日 16:13:14

最新情報

CATEGORY

BACK NUMBER

0154-65-1802
ja 日本語
X