>

レストラン&コミュニティ「Iomante(イオマンテ)」

ja 日本語
X

シェフの気まぐれレシピin釧路

本当に人生はあっという間なのか?

  • 2018.1.21
  • うんちく・小ネタ
今日は料理の話ではなく、時間の話。
もうすぐ、社会人になってから20年が過ぎる。
 
たまに、お店の学生スタッフと話していると「20年ってあっという間ですか?」ときかれるが、
よく耳にする『振り返ればあっという間だったな』という感覚はあまりない。
 
世間の人は本当に、テレビで良く聞く「今年1年もあっという間でしたね」とか、「人生なんてあっという間」って感じているのだろうか?
 

僕は、社会人になってからの20年なんてもちろん、イオマンテの10年間だって、とてもじゃないけど「あっという間」なんて感覚にはならない。反対にとんでもなく長かった(笑) だが、楽しい。

ただ、そのとんでもなく長かった時間に、自分はどれだけ時間を有効に使えたか否かは、しっかり見直す必要はまだある。

 
 

10年なんて恐ろしいほど長い。決してあっという間ではない。

 
本で読んだか、誰かの言葉で『“そのうちやろう”のそのうちは永遠にこない』というのがありました。
 
それと一緒で『「10年あっという間だった」と簡単に言う人は、その次の10年も“あっという間に過ぎてしまう”』気がします。
 
 
 
僕が10代や20代の頃、大人の「あっという間」発言が苦痛だった。
 
『え、そんなにすぐに歳とるの?』
『人生つまらなそう・・・』
『あっという間に終わるなら、べつに無理しなくても・・・』
なんて、ひねくれて受け取っていた。
 
 
大人たちはもしかしたら老婆心的に「人生はあっという間なので後悔の無いよう、一生懸命に生きなさい」ということを伝えてくれたのかもしれない。
 
 
でも、それを言っている本人たち(大人たち)がすでに人生に疲れた表情をしているのを見て、10代の僕はポジティブには受け取れなかった。
「その一生懸命やっている間に、“あっという間”に時間が過ぎちゃって、結局この人のように疲れた人生になっちゃうのでは?」と
 
ともかく『あっという間だった』という言葉の裏に、『いいかい、生きていくのは大変なんだ。その大変さを毎日我慢するのが大人という生き方なのだ。』というニュアンスが感じられた。
これから60年以上も生きていく若者には酷な話でしょ?
そんな話はまったく容認できなかった。

『長い人生の中で、10年くらいは色々なコトに我慢できるかもしれない。でも、そもそも我慢が嫌いな自分は一生は無理だ!!』

 
なので、僕は20歳の頃、自分に「3つの」年代別ルールを作った。
 
①20歳代は、体力的に強いので、ひたすら技術や経験を休まずに頑張る。(結果、本当に毎日大変だったから、ながーい10年でした(笑))
 
②30歳代は、20歳代に思いついたやりたいことを実践する。そして楽しくなかったら時間がもったいないのですぐやめる。(結果、お店を持って本当に楽しい、そしてながい10年間(笑))
 
③40歳代は、①②の結果が良ければ、次の世代に伝えることを自分も愉しむ。(感覚としては、自分が楽しかった映画を人におすすめするような感じかな)
 
①、②は本当にその通りに過ごしてきました。
①に関しては、正直最初の5年くらいは本当に『我慢しながら頑張った』。でも、後半の5年は『我慢しない方法を見つけるために頑張る』意識に変化していた。
②に関しては、まさに昨日までそう過ごしてきたのだけど、
具体的に実践したことは『自分が行きたい感じのお店をつくる』『商品をつくる』なんかがそうだろう。だけど「楽しくなかったらやめる」部分は、説明がちょっと難しい。(経営論みたくなるので、この部分は何かの機会に書くことにします)
そして③
私の20代30代、かなり楽しく結果が良かったので、予定通り「次の世代に伝えることを愉しむ」ことにします。
ということで、もうすぐ(って言っても再来年だけど)自分のルールが変わります。
そして50歳頃になった時には、子供たちや若い人たちに、
『50年ってあっというまでしたか?』と聞かれた時に、

『50年?めっちゃくちゃ長いよ。やりたい事ぜーんぶやってもまだ余る(笑) あなたの人生はこれから本当に楽しいから安心して。』

と言ってあげられるようなおじさまを目指します。

投稿日 / 2018年1月21日 13:26:47

レストランでのデート中、男性のここを見よ!

  • 2017.9.22
  • うんちく・小ネタ

こんにちは、シェフの舟崎です。
先日、ある航空会社のCAさんと取材でお話をしていた時、
お互い接客業なので話が盛り上がる中、20代前半の彼女達がぼくの話の中で、特に食い入るようにきいてくれた話題を今日はブログで紹介します。

 

今日のブログは未婚の女性(または新しい恋を探している既婚の方(笑))にむけて発信いたします。

 

結論からいいますと、

 

彼氏の店員さんへの態度は、結婚後の奥様(あなた)への態度です。

 

イオマンテはフレンチレストランという肩書ですので、とうぜんにカップルやご夫婦のお客様のご利用を多くいただいております。

そのため、ここ10年で沢山のご夫婦の姿を拝見してきました。そして当店にお越しになるその御夫婦は「奥さまの誕生日」や「結婚記念日」などでいらっしゃるわけですから、ほとんどの奥さまがご主人様に大切にされていることが良く伝わってきます。なにより表情で推測できます。

 

経済的な差はあまり関係ありません。
数年に1回、「たまにの贅沢なのよ。」というご夫婦も、
頻繁にいらっしゃる常連のご夫婦様も、
同じ共通点を、私たちは感じております。

 

それでは、『妻が夫に大切にされている夫婦の、夫の共通点』。その具体例をご紹介しましょう。
(注意:ここでの「大切にする」とは、所有物的に壊れないようにするというのではなく、相手を1人の人間として敬意をもって接するという感覚です)

 

 

==================

 

【①「来店時」】

私たちの「いらっしゃいませ」や「こんばんは」に、反応していただけます。
常連のお客様であれば『また来たよ!』や、初めての方でも『今日、初めてなんです。』 人見知りや無口な方でも、目を見て笑ってくれたり、ご予約の名前を伝えてくれたりし、こちらとのコミュニケーションをとっていただけます。

お席にご案内差し上げた際には、当店は四角いテーブルなのでお席が向い合せになるため、男性は女性に「どっちがいい?」と聞いたり「こっちの方が景色が見やすいよ。」と、相手を気遣う場面もよく拝見いたします。

メニューやドリンクをお選びになる際も、なんだか楽しそうに2人で選ばれています。

 

DSC_1386

 

一方、あまり女性の方が楽しそうじゃないカップルの場合(滅多にないですが・・・)の男性の振る舞いは、

 

まず来店時、なぜか怒っています(笑

いや、怒っているように見えます。

こちらのスタッフが案内する前に、「メニューどれ?」、「俺、ビール、お前もビールでいい? じゃ、ビール2つ(20分後位に半分もビールを飲まない女性から他のドリンクの注文を頂くなんて事も)」と、矢継ぎ早に展開が進み、コミュニケーションというより一方的な指示により、店員さんは動く形となります。

お客様がどのような嗜好で、記念日なのか何なのかすら、こちらは伺うことすら出来なくなります。

『この男性になにか聞いたら怒られるかも知れないから、こちらから伝えたいこともなかなか言い出せなくなります』

「言ってくれればいいのに。」と思うかもしれませんが、言えない雰囲気にしているのはその男性です。 

きっと結婚後、奥さまには「言わなくてもわかるだろ?」という態度で接し、いざという時に「なんで言わなかった!」責め立てる事でしょう。

 

 

【②お料理やドリンクの配膳時】

 

お食事中のテーブルの上は、場合によっては沢山のグラスや食器などが並び、ご注文いただいたドリンクやお料理を配膳する際に、それを置く隙間がないなんてことが発生します。
そんな時、さりげなくご自身のグラスなどを少し動かして、私たちがサーヴしやすいようにしてくれる方がいます。もちろんこれはレストランでの食事に慣れた方が多いのですが、

あまり不慣れな方でも、お料理を届けたスタッフに「ありがとう」や「美味しそうだね」と声をかけてくれる男性は、私たちから見てもとても心地よく、嬉しいものです。

DSC_1953

一方、あまり女性が楽しそうではないカップルの場合(または次回ご来店の際、女性が代わっている場合)、男性の方は店舗スタッフにはほぼ無関心です。

本来、お皿を置きたい場所には携帯電話を置き、ワインを注ぐグラスのすぐ横には高価そうな財布を置いてしまうため、スタッフはお客様の所持品を汚さぬように配置を変えたりなど、とっても気を使います。お持ちした料理の説明も途中で遮り、「あ、これおかわり頂戴。」といわれますと、私どもは空気と化した接客を取らざるをえません。

文字通り私たちは「配膳係」となります。

はい、私どもはそれが仕事ですから大丈夫です。

 

でも、結婚後しばらく経つと奥様も「○○係」が当たり前になる事でしょう。

というより、奥様が居る事が当たり前になるので無関心になります。奥様の髪型の変化にも気が付かず、上手にできたお料理にも特にコメントは期待できません。

夕食の際に、話しかけようとしても「あ、味噌汁おかわり!」といって差し出すお椀に、あなたの会話は遮られます。

 

 

【③こちらになにかミスがあった場合】

あってはならない事ですがお出しする料理を取り違えてしまったり、または新人スタッフが不慣れでぎこちなかったりする場合もありました。

(本来であれば完璧なパフォーマンスができる状態で、お客様の前に立たせなくてなならないのですが、現況どうしてもそうできない日が残念ながらあります。)

 

そんな時に、『あれ君初めてだね?あたらしく入ったの?大学生?どこから来たの?』と、逆に気遣って会話をしてくれる方がいらっしゃいます。

さらには、『この場面ではこうしてもらえると僕たちは嬉しいんだよ』と、丁寧に教えていただくこともあるそうです。

お帰りの際は『今日は○○さんに担当してもらって良かったよ。仕事がんばってね』と声をかけていただいてるところは僕も何度か拝見しています。

 

そうしていただくことで、新人スタッフの緊張も安らぎ、それをきっかけに接客の楽しさを見つけ成長することも少なくありません。

経営者として、この部分は本当に頭が下がる思いです。

DSC_1433

逆に、“新人”とわかると、
すべてを『○○をシェフに伝えて』『君の話はいいから、シェフに訊いて来て』と、その“新人”をまったく相手にせずに、ただの伝達係として見下したように接してみたり、

(当店のお客様ではありませんが)あとで名指しでSNSなどに「接客がなってない」や「学生バイトを俺に担当させた!」などと書き込む方もいるようです。

私どもはお客様を満足させることが目的である仕事ですので、厳しい声を真摯にお受けしサービスの向上を努力すべきが当然ですが、

夫婦は仕事ではありません。家庭にはミスや油断、不慣れは日常のことです。女性は家事や妻業のプロなわけではありません。厳しい声は真摯に受け止められません。
でも、きっとレストランの店員の些細なミスにも激怒し、ぎこちないスタッフを「ダメなやつ」と見下すタイプな方は、将来あなたにも『プロの奥様業』を求めるでしょう。

=============

 

 

さて、いかがでしょうか?

 

今日はわかりやすい3パターンを書いてみました。

じつは、このほかにも『仲の良いご夫婦の旦那様』共通点はあるのですが、それはまたの機会に。

 

これは“レストランの店員相手に限った事ではありません。コンビニの店員さんへの態度も、ドライブデート中に寄ったガソリンスタンドの店員さんへの対応も、どれもこれも、

結婚後(もしくはお付き合い後)しばらくたって、あなたが居る事が当たり前になった時の、その彼のあなたに対する態度が見え隠れしています。

 

 

僕たち男性は、アホな生き物です(笑
可愛い女性(意中の相手)には必死に丁寧に優しく接します。そこに全力を注いでます。

その分、“意中の相手”と一緒のデート中は、店員さんへの意識はかなり薄れます。なのでボロが出ます。つい本音で接します。

 

とくにとくに、店員が若い女性ではない時の、彼の態度はよーく見てみましょう。

 

その態度が結婚後の奥様(あなた)への態度ですよ(笑

 

もし彼氏さんと一緒にご来店いただき、お食事後、当店のスタッフが笑顔でその彼氏さんをお見送りしていましたら、そのときは『良い彼氏さんですよ』って事かもしれませんね。

 

追伸:
男性のみなさん、余計なこと書いて申し訳ありません!!

 

投稿日 / 2017年9月22日 15:33:50

最新情報

CATEGORY

BACK NUMBER

0154-65-1802
ja 日本語
X