>

レストラン&コミュニティ「Iomante(イオマンテ)」

ja 日本語
X

シェフの気まぐれレシピin釧路

『シェフは、メニューをどんな時に考えているんですか?』

  • 2015.6.7
  • シェフの昼食

「シェフは新メニューやレシピは、どんな時に考えているんですか?」

 

お客様から、そんな質問をいただくことがあります。

それどころか、お店のスタッフからも訊かれます(笑)

 

これは、答えに困る質問です。 自分でもよくわかりません。

 

たしかに、“すでに頭の中の妄想で組み立てられた料理”を、実際に試作することはあっても、

ゼロベースから『よし、今日は新メニューを考えよう!!』なんて、思った事はないかもしれません。。。

 

日々のメニューに関して、僕の基本姿勢は『今、自分が食べたいものをつくる』です。

 

ぼくは、料理に関しては“作るより食べる派”。 美味しいものが好きで、子供のころから「あ~○○食べたいなぁ~」と思い、でも外食するお金は子供だから無く、仕方がないので親の目を盗んで、なんとなくキッチンであり合わせの材料を使い、希望に近い“自己流料理”を作っていました。

その延長線上に、今の自分はいる感じです(笑)

 

=========

Q:「いつ、メニューを考えているのか?」

A:「かんがえてませーん(笑)」 (←怒られそう、、、)

 

すでに自分のなかで『食べたい!!』と、思っている物をメニューにしているわけですから、あらたまって『さあ、メニューを考えるぞ!』なんて事は、あんまり無いんじゃないかな。

=========

 

でも、”ひらめく瞬間”みたいな事はあります。

たとえば、今週のディナーメニューのこの一皿
『釧路石井農園のキャベツと豚肉 ポトフと生姜焼きのハイブリット』

 

DSC_2217

 

これなんかは、何週間か前に妻と外食をしたとき、

(たぶん産まれて初めて) スープカレーを食べたのですが、その時に思いついたメニューです。

 

豚肉と野菜でしっかりと旨みが出たポトフを作り、柔らかく炊いた豚肉は最後にフライパンでカリッと焼き上げています。そこに、リンゴと生姜、香辛料を利かせたソースを添えてお出ししています。(だから、ポトフと生姜焼きのハイブリッド(笑))

 

“スープカレー”という料理が、僕には【ポトフ×カレー】と感じたわけです。

 

「なるほど、昔ながらの素朴な“ポトフ“という料理も、日本人が好きな“カレー”を掛け合わせると、こんな面白い料理になるのだな。 じゃあ、他にもかけ合わせられる日本人が好きな豚肉料理は・・・ 『生姜焼き!』」

 

そんなひらめきが、半月後には、写真のようなメニュー【ポトフ×生姜焼き】になっているわけです。

 

 

 

====

そして、今日の自分の賄いは、この「ポトフと生姜焼きのハイブリッド」でした。
美味しかった!!

投稿日 / 2015年6月7日 16:51:42

人気で定番で、そして釧路らしい惣菜『キッシュ』

  • 2015.5.17
  • シェフの昼食

ここ数カ月間、忙しい毎日が続いていましたが、ゴールデンウイークが過ぎたころから、すこしゆっくり過ごさせていただいています。

そんな日曜日の昼下がり、急にキッシュが食べたくなりまして、久しぶりの賄いはキッシュにしました。

DSC_0006 (2)

しかも、普通のキッシュが食べたくて、、、

 

ベーコンとほうれん草とチーズ。

 

「普通」という表現が適当かはわからないが、僕の中ではこの組み合わせを「普通のキッシュ」と認識しています。そして旨い。(自分で言うのもなんだが(笑))

キッシュは当店でも前菜などでお出ししておりますが、いつも定番で人気です。

(お店のキッシュはこの「普通」に“驚き”と”遊び心”をプラスしたものをご用意しています。)

 

そして、なんとも釧路の風景に溶け込む料理ではないだろうか?ゆっくり流れる釧路川を眺めながら、優雅にキッシュを食べていると、目の前に広がるのは「釧路という名の異国」

DSC_1377

 

 

そもそも、キッシュに使う食材が釧路らしい素材であろう。「チーズ」や「ほうれん草」「生クリーム」に「たまご」、どれも釧路近郊で美味しいものが手に入る。

 

晴れた温かい日には、キッシュとフルーツなんかを持って、釧路川沿いをウォーキングして、途中のベンチで腰かけてたべてみると、もうそこはさながらセーヌ川のほとりであろう(笑)

DSC_1331

この風景に合うのは、残念ながら「幕の内弁当」ではない。そんな気がするのは僕だけではないはずだ。さあ、今年の初夏は釧路川沿いで美味しいキッシュを bon appétit !!

 

 

*注意) 本日の投稿は、あくまでシェフが窓際でキッシュを食べながら感じた感想であり、キッシュのテイクアウト販売は行っておりません。

投稿日 / 2015年5月17日 16:27:20

最新情報

CATEGORY

BACK NUMBER

0154-65-1802
ja 日本語
X