>

レストラン&コミュニティ「Iomante(イオマンテ)」

ja 日本語
X

シェフの気まぐれレシピin釧路

エゾシカ料理グランプリ

  • 2014.9.1
  • 食材 食育 食生活

過日、8月31日に釧路市内で開催された、北海道エゾシカ料理GPに参加させていただきました。

メンチカツ 僕達が出品したのは写真の料理。

荒挽きのエゾシカ肉に白糠酪恵舎の「テネレッロ・シラリカ」をいれたシンプルなメンチカツ。料理名もそのまま『フロマージュ・エゾメンチカツ』としました。

調理方法はシンプル。しっかりと炒めたオニオンを混ぜ、味付けも簡単にしました。
いつもお店では、家庭では手に入りにくい調味料や高性能の調理機器、そして難しい調理技術などを駆使してお料理しています。今回のグランプリ出品の料理はそれらとは違います。シカ肉さえあれば、他の素材も調理機器も調理方法もすべて家庭的なものです。

イオマンテが心を込めて料理してみた『家庭の味』です。

そして、このシンプルなメンチカツ。ソースなんかいらないぐらい美味しいのです。今回のイベントでもご希望の方にはケチャップを添えさせていただきましたが、ソースは無し。

かわりにキャベツのビネガーマリネを添えてアクセントにし、メンチカツ本体はそのまま揚げたてを、「ガブリッ」としてもらいました。

正直なところ開始直前までは、用意した数量すべてご注文いただけるか、とても心配でしたが、その心配は無用でした。

2分で1個の予定であった販売数は、その4倍のスピードでご注文頂き、ブースの前には行列まで出来てしまい、予定よりかなり早く完売となりました。

そうとう長時間、日陰のない会場で並んで頂いたにも関わらず、どなたにもお叱りを受けることなく、そして『美味しかったから もう一度並びました!』というお客様までいらっしゃいました。

ご来店いただきましたお客様、本当にありがとうございました。そして、売り切れの為、ご用意できなかったお客様、本当に申し訳ありませんでした。

いつものイオマンテの店内でも、昨日のようなイベント会場でも、おきゃくさまの『美味しかったよ』の言葉にぼくたちは励まされます。

まだまだ、忙しい夏は続きますが、懸命に頑張ります。

~~~~~~~~~~

『お店のメニューにも定番化して!』というご希望を多数いただきましたが、定番はできないです(笑) パーティー料理や少しアレンジして、小さな前菜にはなるかも。。

投稿日 / 2014年9月1日 15:42:40

0154-65-1802
ja 日本語
X