>

レストラン&コミュニティ「Iomante(イオマンテ)」

ja 日本語
X

シェフの気まぐれレシピin釧路

料理人らしからぬ「手」

  • 2015.10.30
  • うんちく・小ネタ

DSC_0596お客様や知人に、「シェフの手、すごく綺麗ですね」とよく言われます。

自分では実感はないのですが、

そうですか?言われてみればそうかもしれません。

 

「料理人の手」というと、水仕事による手荒れや火傷、ナイフなんかによる傷なんかがあって、かなりごつい手を想像するのでしょうか?

 

写真の通り、手荒れや傷はありません。

料理人人生も、もうすぐ20年目なのですが、手荒れで悩んだ記憶はあまりありません。

 

そこの奥さん。うらやましいでしょ?(笑)

 

僕が気を付けているポイントを何点か。。。

①なにかと冷たい水は避ける。
(修業時代から先輩の目を盗んで、冷たい水を避けてます(笑))
②洗剤や漂白剤など、使用方法をよく読んで、希釈するものはちゃんと薄めて使う。とくに洗剤!「泡だらけになったほうが良く落ちる」のは、気のせいです。
(いままで僕が働いてきた厨房も、漂白剤や洗剤を原液でベシャベシャ、ぶちまけている。漂白したタオルが液に溶けてモサモサになるほどだ。そりゃ、手荒れもするし、今考えると、もったいない・・・)
③冬は素手で出歩かない。
④たぶんオリーブオイルは手に良いぞ。
(仕事がらいつも手がオリーブオイルにまみれている時間がおおいので)

⑤野菜をたべよう。
(栄養学的な根拠はないが、僕は野菜が好きだ)

⑥素手で車の雪おろしはやめよう。
(過去に唯一、手荒れが発生した記憶があったときの原因はこれだ!)

 

という、まったく参考にならない、オチもない、ぼくの「手」の話でした(笑)

投稿日 / 2015年10月30日 16:43:47

0154-65-1802
ja 日本語
X